スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らせん階段的な事象

日記もさぼりまくってるけど、特に何書こうとも思わない。
ひとまず言えることはいろいろ終わってまた始まるということだ。いろいろが。

一周回ってまた元に戻る。
上から見下ろせばそれだけのことだが、人生には確実に否応なく時間というt軸が存在するわけで、その軸にそって二次元的に切り開いてみればそれは極大と極小をなだらかに繰り返しながら展開されるサイン波のようなものだ。
翻ってオノレの人生というものを俯瞰的に捉えれば、そこには何かしらの螺旋階段のようなものを見ようと思えば見ることができる。
そうであって欲しいという自分の希望的観測が含まれていたとしても、である。
なぜならそれは別に俺が望もうと望むまいと絶対的な時間軸に規定された当たり前の事象だからだ、と今なら言える。

そこから鑑みて、要するに後は自分の身の振り方次第ということだ。
思い切り振ってみて、少しでもサインカーブの振幅からはみ出していけばいい。
出来上がった螺旋階段が少しでも、いびつなものに見えてくればそれがいい。

中身のない喩え話。
でもそんなものにすら人は意味を見出さずには居られない。
それが人間のどうしようもない部分だし、すてきな部分でもある、と信じている。
だから俺もちょっとはすてきな自分というものを信じてみようと思う。
スポンサーサイト
関連記事

異論反論はじめます

日記(「日々の記録」)とは別に、新しいカテゴリを作ってみました。
この「日々の思惑」カテゴリでは、思ったこと考えたことを徒然に綴っていこうと思います。
日記は日記で機能し始めているので、こちらでは注釈やメモ、ノートのような機能を目指す予定。

てことで、早速だが最近考えたけど忘れそうなことをメモメモ。

「勇気だけは元手がかからない」
――何だか知んないけど、会社説明会の帰りに電車待ちのホームでふと閃いたフレーズ。
そうなんだよ。世の中たいていのことには対価が求められるけど、
よくよく考えたら「勇気」って、自分(の自意識)が傷つくのをガマンすれば全然余裕でそれ以上のいろんなものを得ることが出来る錬金術なのだ。
勇気出して得たものって、自己憐憫なんて軽く吹き飛ばすしやね。
よく「しょうもないプライドは捨てろ」とか言うけど、それってこういうことなんやね。
天啓かと思った。

「報酬とは、人間の信頼関係への対価である」
――今むりやりまとめたけど、かみ砕くと、働いてお金をもらうということは、自分が当たり前のことを当たり前にできた上で、築いてきた人間関係あるいは築くであろう人間関係に「投資」してきた/することへの対価であるということだ。
これに気付かないと、ただただあとウン十年、漫然と働いて終わってしまいかねない。
んじゃないかな。
忘れんように。

まあべつに人生訓だとかそんな大袈裟なつもりで書いてないけど、個人的にこれは「忘れないためのノート」である、ってことで了解してほしいす。

どうでもいいけど、誰かこういう話題できるヤツはおらんものか。
関連記事

ステップス

自分の中にブレがある。
それを認識するところから始めねばならぬ。
まあそれはそれとして、進むべし。

4日日曜。
ダウナーからは抜け切れてない。
やろうと思っていたことの百分の一も進まん。
要はスランプと割り切り始める。

5日月曜(祝)。
ダウナーからは抜け切れてない。
よめはんに電話。救いの手を求める。
夜、徹夜で計4,000字の三分の二程度をなんとかする。

6日火曜(祝)。
午前中でいろいろ見切りをつけて、午後はT紙の筆記。
久々の筆記。受けるたびに難しくなっているように感じる。
まあそもそも徹夜。でも案外楽しく過ごす。
夕方はよめはんと過ごす。
ハンバーグが超絶うまい。
夜、昨日からの続きに区切りをつける。

7日水曜。
昼からS社にエントリーシートを持っていく。
S社、とても小さい。対応してくれたおばさん好印象。
帰宅して、家事諸々。それにしても暑い。
夜からKと登戸で飲む。歌う。笑う。寝る。

8日木曜。
仕事休みのKの運転で川崎~横浜をドライブ。
新横浜に行くつもりだったが、急遽変更して上星川のスーパー銭湯へ。
喰って、飲んで、風呂。
の後、ホームセンターで買い物。
まるで休日の家族みたいだが、そういう想像はよせ。
で、何やかやでいい時間なのでウチまで送ってもらって別れる。

9日金曜。
寝坊。
だらだら過ごす。イカンな。
イカンけど、「ガキの使い~」見てひたすら笑って日が暮れる。
悪くない。焦らず行こう。それが大事だ。

で今から頑張る。
いや、頑張らない。
適当にやる。焦らず行こう。それが大事だ。
とにかく、思いつめて→ダウナー、この流れだけは絶対にあかん。
時間がかかってもええ。小さくても進むことが今の俺には必要。
関連記事

ダウナア

前回のエントリより、こっからガツガツ行くよ~。
て感じだったのだが、思い切りコケた。

今週は完全にガス抜きに終始し、肝心の就職活動は全く進まなかった。

ガックン↓

てことで建て直しの日々。
がんばるぞ↑

29日火曜。
図書館行く予定キャンセル。
夕方から友人Kとの飲み会があったがこれもキャンセル。
とにかく寝る。

30日水曜。
覚えてヘン。寝てたと思う。

5月1日木曜。
ようやく図書館に行く。
ついでに後輩Sと会う。
つらつらと話して帰る。
俺が辞めた劇団、どうも終わってる。
やめといて正解。
でもあまりこういうこと言いたくない。
何やってんだ。
上星川駅前のスーパーで買い物。
の帰りにかつてのバイト先で仲良くしてくれたパートさんにバッタリ会う。
立ち話だが結構話し込む。
そしてなぜかとても勇気付けられて帰る。
けどあまりに眠いので飲んで寝る。

2日金曜。
う~ん、結局何もできず。
なんか知らんがネットサーフィンしてるうちに
気付けば「絶望の世界」にはまる。今更っぽい。
けど面白い。読んでたら夜が明ける。
またかい。

3日土曜。
「絶望~」ようやく読み終わり、少しやる気を出す。
もう時間はない。
ひとまず部屋を掃除。
冬の間お世話になったホットカーペットを片付ける。
非常にスッキリ。
実家に電話。いろいろとアドヴァイスをもらったり。
でちょこちょこと企業を調べたり。
まあそのくらい。

で結局ギリギリギリに追い詰まって今日。
いい加減頑張りどころ。正念場、というやつか。
頑張ろう。それしかあれへんね。
関連記事
プロフィール

前田 裕己

Author:前田 裕己
役者・朗読インストラクターの前田裕己(まえだ ひろき)です。
舞台・映像など、ジャンルを問わず役者として活動中。
2013年より(一社)日本朗読検定協会の認定朗読インストラクターとして、朗読教室の運営や朗読イベントの出演・主催などしています。
2014年よりFULL HOUSE OFFICE(劇団FULL HOUSE)に所属。
俳優としての活動の場を広げているところです。

役者・朗読家・講師などのご依頼は、下記連絡先よりお気軽にご相談ください。

【前田裕己朗読教室】
○講師:前田 裕己(まえだ・ひろき)
○場所:神田・秋葉原近郊
 詳しくは、下記連絡先までお問い合わせください。
〇日時:毎月第2、第4木曜日、19~21時
○レッスン料:1レッスン/1500円、学生1000円。
○定員:10名
○お申込み&問合せ:mdhrk79@gmail.com

facebookもよろしくお願いします!
友達申請、絶賛受付中です!
facebookページ→「前田 裕己

一応こちらも。
Twitter→「まえだひろき(mamesiba__)

最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。